納得の高音質「Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2」購入レビュー

突然の発売日前倒しで混乱が生じているようですが、無事に届いたのでレビューをお届けします。
目次

外観

パッケージ
パッケージ。比較的小さめのパッケージ
開封
開けるとお出迎え。
全体像
ファブリックに覆われたケースがおしゃれ
Type-C端子を装備。左側には残量表示のLED、右側には残量表示スイッチ
筐体の裏側。近接センサーとLED、端子類を備える

ちょっと完成度が怪しい…

発売前倒しの影響か、ノイズキャンセリング(以下NC)の効果や挙動が不安定なように感じます。
元々常時ONだったNCがアップデートでON/OFF可能になり、さらにはデフォルト設定がOFFになっていることからも、チューニングがうまくいっていないものと推察されます。
後のアップデートで、改善される可能性は大いにあるため、今後に期待です。

スペック

メーカーSennheiser
品名MOMENTUM True Wireless 2
カラバリホワイト、ブラック
通信規格Bluetooth 5.1
対応コーデックSBC, AAC, AptX
重量6g(左右)
単体最大再生時間7H
トータル最大再生時間28H
左右間の同期方式プライマリ(右側)に転送後、左右間同期
充電方式USB Type-C
発売日2020年4月16日
価格36000円
左側のみの単体使用は不可。

音質

聴いた瞬間に、おっ!っとなりました

高音寄りの傾向で、中低音もしっかり出ている印象です。
特に高音は、「 Technics EAH-AZ70W」を優に上回り、とても緻密で繊細に奏でてくれます。
中低音に関しては、程よく量感が有りますが、低音に関しては若干ボワついており、輪郭がぼやけているように感じます。
この辺りはエージングで変わってきそうな予感がしますので、様子を見たいと思います。

高音について、もう少し着目します。
フラメンコといったギターメインの楽曲が最高に映えますね。
ドラムのシンバル系の音もイイ感じに鳴らしてくれるので、オールマイティにいけるかと思います。
圧縮音源特有のザラザラ感というか、”音源の粗”も拾って忠実に鳴らしている感じも有ります。
「Beoplay E8 3rd.」と異なり、高音が刺さるということもなく、絶妙なバランスで鳴らしてくるあたりは、流石といった印象。
万人にお勧めできるかなと思います。

まとめ

ファーストインプレッションとしては、NC以外は◎をあげたいところです。
NCに関しては、前評判としてもあまり効かないとなっていたため、覚悟はしていたのですが、あまりの効かなさに驚きました。

アプリの出来もよく、流石は第2世代目といったところ。
その他の使い勝手に関しては、また後ほどお届けしたいと思います。

[追記]関連エントリ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる