TWS第一弾にしてこの完成度「Technics EAH-AZ70W」詳細レビュー

「Technics EAH-AZ70W」を一週間ほど使い込んでみたので、もう少し詳細なレビューをお届けします。
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥31,680 (2020/10/22 11:47:12時点 Amazon調べ-詳細)
目次

音質

いぬやまのアイコン画像いぬやま
聴いていて楽しい

エージングがてら数十時間ほど流していますが、大きな音の変化は感じられませんでした。

中音域の臨場感のある元気の良い音で、高音も解像度感のある良い音です。

イコライザで低音を持ち上げても響くような低音は流石に出ませんが、元気のある中音域に負けないため、やはりライブ音源が映えますね。

ノイズキャンセリング

「SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2」が間も無く発売というところで、本機の一番の対抗馬となりますが、あちらのノイズキャンセリングは積極的に音をかき消しにいくスタンスではないとのこと。

ということで、実質的な対抗は「SONY WF-1000XM3」となりそうです。

総合的に見ると、本機より「SONY WF-1000XM3」の方が分が有りそうです。
というのも、本機のノイズキャンセリングは自動車の走行音をそのまま通すような作りになっており、かなり耳につきます。
おそらく、電車等でのアナウンスといった人の声を通すのと同様に、歩行中の安全対策といったところでしょうか。
とはいえ、ノイズキャンセリング時の風切り音は本機の方がかなり抑えられており、”ラビリンス構造“がかなり効いているといえます。
屋外では本機、屋内では「SONY WF-1000XM3」といった棲み分けができそうです。

また、ノイズキャンセリング時のホワイトノイズは大きめですが、特有の圧迫感は感じられないので、あの圧迫感が苦手な方はこちらをお勧めします。

気になるところ

起動時間やBluetooth接続時間は、他のTWSと比較すると長めに感じます。
後のアップデートにより改善されました!

また、起動時のBluetooth接続アナウンスがSONYと比べてもちょいダサなので、いっそ無くても良いのでは?と感じざるを得ません。

英語への設定変更をお勧めします。

アプリは必要十分

アプリの外観
アプリの外観
まさかのスプラッシュ動画にびっくりするわけですが、機能は必要十分です。
左上に接続コーデック、上段に左右の電池レベルが表示されます。
10%刻みで表示されるので、目安がわかりやすくて良いですね。
サウンドモードの画面
サウンドモードの画面
サウンドモードでは、バスエンハンサー、クリアボイス、イコライザー、オフの4種類から排他で選択できます。
ただし、バスエンハンサーとクリアボイスに関しては、効きが弱いので、イコライザーかオフの二択になるかと思います。
私はオフに設定しています。
イコライザー設定画面
イコライザー設定画面
普通すぎるイコライザー設定。
段階が細かく設定できますが、細かすぎてうまく初期状態へ戻せなくなってしまいました。
デフォルトに戻す方法が見つからなかったので、今後のアプリのアップデートに期待です。
効きとしては、あまり大きくないので、端末側のイコライザの方が良さそうな気がします。
ノイズキャンセリング設定
外音コントロールのノイズキャンセリング設定
スライダーでノイズキャンセリングの強さを設定できます。
本機の場合、圧迫感がないので基本最大運用ではないでしょうか。
外音取り込みの設定
外音取り込みの設定
外音取り込みも同様にスライダーで設定可能。
こちらはお好みでしょうか。
本機の外音取り込み機能は、デフォルトだと今一歩といったところですので、アプリでちょうど良い塩梅に設定してあげると良いかと思います。

ノイズキャンセリング→アンビエントとオフからアンビエントで音が違うので、バグがあるっぽいですね。
こちらも今後のアップデートに期待です。

まとめ

いぬやまのアイコン画像いぬやま
完成度は高め。今後のアップデートに期待

正直な感想としては、メーカー第一弾にしては完成度高いなぁという印象です。

筐体が大きく、ノイズが入り込んできてる気がしなくもないのですが、細かい部分も含め、今後に期待が持てる力作だと感じています。

ファームアップで化けることもあるので、しばらく所有していようと思います。
⇒アップデートで大化けしました。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥31,680 (2020/10/22 11:47:12時点 Amazon調べ-詳細)

Technics EAH-AZ70W
お気に入りポイント
バランスの取れた音で臨場感があり、ライブ音源が映える聴いていて楽しい音
高音域の表現
80
中音域の表現
80
低音域の表現
75
装着性
65
操作性
75
アプリの完成度
50
価格
55
イイところ
聴いていて楽しい
十分なノイズキャンセリング性能
左右単体使用可能
ノイズキャンセリング時の風切り音が抑えめ
イマイチなところ
アプリの完成度がイマイチ
アナウンスがちょっとダサい
アプリ接続時間が少し長め
69

おすすめ度

関連エントリ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる