想像以上の低音×在宅勤務のオトモに「Galaxy Buds Live」詳細レビュー

「Galaxy Buds Live」を約3週間ほど利用してみたので、使い勝手などの詳細なレビューをお届けします。
アクティブノイズキャンセリング(ANC)に関しては、どうにもなりそうにないのですが、ほかの部分に目を向けると光るものがあります。
created by Rinker
by Galaxy
¥20,673 (2020/10/29 19:58:29時点 Amazon調べ-詳細)
目次

音質

量と質を伴った低音が素晴らしい

12mmというTWSにしてはクソデカドライバのおかげか、低音の量感と質感が異様に高いです。
いわゆるドンシャリ傾向なのですが、ドンに深みがあります。
高音域ももちろんそれなりには出ているのですが、意識がすべて低音に持っていかれるので、印象に残りませんね。
中音域が引っ込みがちなので、全体的な音の傾向としては癖が強めかもしれないですね。

解像度感はあまり感じませんが、低音が癖になるので、ついつい聴き込んでしまう変なイヤホンです。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は相変わらずおまけ機能なのですが、ONにしておくと低音の量感がより増すので、ONにしておいた方が無難ですね。
ただし、今後のファームアップデートなどで挙動が変わると考えられるので、都度検証は必要そう。

装着性

本機のアイデンティティ。最高ですね。

このために2万円出していると言っても過言ではない。

形状の関係で着け外しに難はありますが、着けてしまえば快適そのもの
まるで、コンタクトレンズのようです。

装着感といえば耳に埋まる形状なので、接続性的に厳しいのか、音切れは多め
ANCの効かなさといい、接続性といい、屋内専用か?と思わされるレベルです。
むしろ、ケースの溝が浅いのが気になる。

操作性

ガバガバタッチセンサーで、厳しい。

というか、どこがセンサーなんだろう
3週間使っても、そんなレベルです。察してください。

タッチで再生停止、送り戻しができます。
長押し時は、ANC-外音取り込みの切り替えと音量調整を選択式で切り替えが可能。

ちなみに、アプリにはそもそもタッチセンサーを無効化できる設定があります。
(初めて見ました…)

アプリの完成度

ユーティリティアプリ
もはや、設定アプリと同化したような感じのつくりですね。
スプラッシュなどなく、シンプルなつくりですが、階層が浅くて良いです。

使い勝手としては、可もなく不可もなくといった感じ。

バッテリー残量は5%単位で表示されます。

まとめ

オールインワンを求めなければ、大アリ


Galaxy Note20 Ultraの予約特典として用意されているということもあり、残念なことに、中古市場に大量に流れることが予想されます。
ぜひ、シュートする前に一度聴いて、この低音を体感してほしいなと思います。

音楽聞きながらのお家のチャイム音、聴こえます。
だって、遮音性ないので

長時間の連続装着、OKです。
だって、イヤーピースがないので

ほら、在宅勤務にぴったり!

なんなら、Galaxy Buds Liveを買ったら、Galaxy Note20 Ultraがついてくるくらいの勢いですよ。

created by Rinker
by Galaxy
¥20,673 (2020/10/29 19:58:29時点 Amazon調べ-詳細)

Galaxy Buds Live
お気に入りポイント
量と質を伴った低音。最大のアイデンティティである装着性
高音域の表現
70
中音域の表現
60
低音域の表現
95
装着性
100
操作性
50
アプリの完成度
80
価格
75
イイところ
低音が癖になる
耳に負担のない装着感
イマイチなところ
ANCはおまけ
遮音性という概念の喪失
操作性・接続安定性が厳しい
76

関連エントリ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる