【#1】老舗ノイズキャンセリング屋さんの安定感「Bose QuietComfort Earbuds」購入レビュー

2020年下期の大本命である、「Bose QuietComfort Earbuds」を購入してみました。

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥33,000 (2020/10/30 01:59:34時点 Amazon調べ-詳細)
目次

音質

いぬやまのアイコン画像いぬやま
量よりも質を追求した低音と解像度の高い高音。
サラウンド感による音に包まれているような感覚が持ち味。

BOSEといえば低音なイメージがなぜか強いのですが、ズドーンという低音感というよりは質の高い低音
輪郭のはっきりした心地よい低音が楽曲を引き立ててくれます。

高音に関しても、特化イヤホンほどではないにしても、高いレベルで解像度を維持しています。

第一印象でもそうだったのですが、印象深いのはサラウンド感。
メリハリのある音に包まれている感覚あり、低音高音ともに破綻がなく、とても心地よいです

正直なところ、後出しじゃんけんずるいなぁといった印象。(特徴的なのにオールマイティってどういうこと?)
たぶん、ほかのメーカー担当者さんも思うはず。

そんな音です。

アクティブノイズキャンセリングに関しては、レベルが多段階に分かれており、レベルを下げるとマイクで周囲の音を拾いに行く感じです。
なので、外音取り込みとノイズキャンセリングがシームレスにつながっているような造りですね。

QuietComfortシリーズは初なのですが、やはり老舗の安定感というか。
ノイズを消し去るというより、”遠ざける”に近いように感じました。

低周波のみをターゲットにして自然と言い張るのとは異なり、音質に影響がない範囲でノイズ源を遠ざけるような聴こえ方になるように減衰させて、結果的に自然に聞こえるといったイメージです。

圧迫感やホワイトノイズはほぼ皆無で高いレベルでまとまっています。

ただし、AirPods ProやWF-1000XM3のように静寂をという方にはちょっと合わないかもしれませんね。

ていうか、みんな、全部買っちゃえばいいのに。

外観

パッケージ表
パッケージは結構大き目。
封印のシール?みたいなビロビロがついてました。
開けとるやないかーい。
開けてからとりました。裏には説明書きがあります。

完全ワイヤレスイヤホンって、パッケージで売られている印象があんまりないのですが、各社パッケージの説明書き充実してますよね。海外では違うんでしょうか…
内箱は真っ黒です。
オープンするとケースがお目見え。
付属品なども目に入らない造りですね。

ケースデカくないか?と思ったのは内緒です。
内容物はマニュアル類とケーブル(USB Type-C)とイヤーフック付きイヤーピース(S,L)となります。
Mサイズは本体にプリインストールされています。
ケースはプッシュオープン式で、両手じゃないと安定しない微妙な奴です。
正直、結構デカいです。
ケース付きAirPods Proと比べても3回り以上は大きいですね。
LEDは5連で白色。
コストかけてますね。
裏側にはType-Cのポートがあります。
開けるとこんな感じ。
ペアリング用のスイッチがあるという珍しい仕様ですね。
ケース裏面には大量の各国の適合マークがあります。
技適もばっちりです。
筐体はシンプルなデザイン。
前機種がかなり派手だったこともあり、かなり落ち着いて見えます。
AirPods Proと比較するとかなり大きく感じます。
装着感については次回のレビューでお届けしますが、かなり良好です。
本機は、イヤホンを外すと自動的に再生停止する機能があります。
”L”の白い文字の右側が近接センサーとなります。

正直、筐体構成はWF-1000XM3よりも洗練されてます。さすが後発。
シンプルでよいぞ。

スペック

メーカーBOSE
品名QuietComfort Earbuds
カラバリホワイト、ブラック
通信規格Bluetooth 5.1
対応コーデックSBC, AAC
重量8.5g(左右)
単体最大再生時間6H
トータル最大再生時間12H
左右間の同期方式左右間同期
充電方式USB Type-C, 非接触給電方式qi
発売日2020年10月15日
価格33000円(税別)
一応左右単体で使用可能なようですが、右側に操作系が集中しているので、微妙な感じです。

まとめ

いぬやまのアイコン画像いぬやま
今期の本命間違いなし!

音質・ANC・着け心地がかなり高いレベルとなっており、今おすすめなのは?と言われたら即答で本機を挙げるレベルに仕上がっています。

ローンチ時はイマイチで、アプデで修正というイヤホンが多い中、発売時点でちゃんと品質を担保できている点は評価できるかと思います。

すでに納期が来年に差し掛かっているようですが、転売屋の餌食にならないように気を付けていただきつつ、ぜひ聞いていただきたいなと思います。
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥33,000 (2020/10/30 01:59:34時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる