壊しそうで精神的にも重い。フィジカル&メンタル重量級の折り畳みスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」を売却しました。

  • URLをコピーしました!
先日、というか数か月前ですが、「Galaxy Z Fold3 5G」を売却しました。
わくわくガジェット筆頭と思われる本機ですが、売却して手放した理由や気に入っていたところ、気になるところをお届けしたいと思います。
要約すると?
  • 高額スマホとして、許容できないレベルのカメラ性能
  • 筐体の重さ、厚さ、デリケートさが今のライフスタイルにマッチしなかった
  • ”壊れそう”、”壊しそう”という気持ちから、だんだん使わなくなって、売却に至った
目次

売却理由

いぬやま
テレワークでずっと家の中におり、外で大画面を要する場面がほぼ皆無だった
つまりは、家で”文鎮”と化していたことに尽きます。

出会いから別れまでの流れはこんな感じ。
わくわくするガジェットとして、一目惚れ
Pixel 6が思いのほかコレジャナイ感があり、その流れで家電量販店の展示機を見て、一目惚れする。
今思えば、この時点で重いことや分厚さに気づいておくべきでした。
購入
絶対に壊さないという謎の自信があり、約9万円程安価な韓国版を購入。
今思えば、キャリア版に保証を付けていれば、もうちょっと思い切った運用ができたかもしれない。
思ったより、重い&デリケートであることに気づく
到着後、テンション最高潮。
とはいえ、ケースの選択肢のなさや持ちにくさの問題に頭を抱えることになる。
開くときは、両手を使わないと開かないので、煩雑に感じ始める。
ポケットではなく、カバンに入れて運ぶようになる
ガラスフィルムやケースをつけたがために、重量級に。
今思えば、思い切って裸運用ができるくらいの経済力がないと買っちゃダメだなと。
カメラがイマイチで持ち運ばなくなる
一世代前相当のカメラハードが搭載されており、ソフトがちょっと進化という、高額なスマホとしては物足りない画質でした。
開いた状態だと重い上に持ちづらいので、手持ちが安定せずにブレるというのも、画質の悪さに貢献してしまっていた感じはあります。
さらに開いた状態だと、いわばデジタルズームをかけたような引き延ばされた画像が表示されるので、余計悪く感じるという残念な子でした。
おうちで開きっぱなしになる
このタイミングで、Xperia 5IIIを購入しました。
SIMは抜かれ、スマホとしての役割は終了

タブレットとしての余生を与えられることになる。
重たいので、おうちタブレットとしても使わなくなる
ほぼ正方形ディスプレイのタブレット、一覧性も大したことないし、動画も余白だらけ。
Lightroomも使いづらいので、Twitterのマルチカラム閲覧しかやることがない状態に。

結局、PCがあるので、Twitterすら満足にできないガジェットを所有する意義はあるのだろうかと悩み始めました。
ドナドナする
カメラもダメ、文字入力もやりづらい、持ち運びもしない。
やはり、Twitterすら満足にできないガジェットを所有する意義はないなと。

ということで、ドナドナすることにしました。

売却額

いぬやま
第4世代が出る前に早々に売却

もろもろの手数料等を差し引いて、124,376円

購入者目線だと、およそ135000円くらいですね。
半年程度の使用期間で、極上にコンディションであればまぁまぁかなとは思います。

韓国版は16万円ほどなので、4万円で半年間と考えると、勉強料に近いなという感じはしますね….

半年使ってみた評価

いぬやま
後悔の方が強め

気に入っていたところ

  • Galaxyであること
  • ドヤ顔で開閉できる
  • 筐体の質感は高い。裸での握り心地や触り心地は極上
  • 開閉時のパタンという感じが上質
  • カバーディスプレイ運用時の操作感が好み
  • 電池持ちは設定すれば、悪くないがスペックは活かしきれない
裸運用前提の筐体デザインという感じが強く、カバーをつけるとバランスが一気に悪くなる印象。
値段に見合った質感を追い求めた結果、滑りやすいフロストガラスにしちゃったという、実用面とデザイン面がマッチしていない感じです。

個人的には、カバーディスプレイの縦長画面が結構お気に入りで、INFOBARの新型として、超縦長デザインスマホ欲しいなと思ってしまいました。

電池持ちに関しては、Galaxy特有の豊富な電源オプションにより、同一CPU、同一電池容量のXperia 5IIIよりは良好でした。
正直、がっつり使ってないので、電池持ちの判断が下せないところではあります。

気になるところ

  • ケースをつけると台無し。持ち心地は悪化
  • なのに、背面ガラスが滑りやすく、ケースが必須
  • モザイク状のインカメラ
  • 開くときどう開くのが正解なのかがわからない。どう持つのが正解なのかもわからない
  • つくりが華奢・繊細な感じがする
  • カメラ画質が残念
  • ペンが付属していない
  • メインディスプレイがガラスではないので、タッチしたときのむにゅっとした感覚が気持ち悪い
  • 重心がカバーディスプレイの方に寄るので、開いた状態で片手で持ち続けると疲れる
  • カメラ部分の出っ張り
  • ケースの両面テープで留めるタイプがほとんどで、せっかくの防水が台無し
  • 壊しそうで、カメラ側のケースを外すのが怖い
  • フルスペックで使うと電池がみるみる減っていく
  • まだまだ高価。どれくらい高価かというと、ベッドにポイっと投げられないくらい高価
  • Twitterで画面割れ報告を見かけると、夜眠れなくなる
まだまだ、気になるところ多すぎやしませんか….
質感・ハイスペック志向のGalaxy Sシリーズの延長線上でやっている限り、折り畳みスマホは流行らないなという印象です。

物理的な重さと、壊れそう、壊したくない、壊させないでという気持ちからくる、精神からくる重さの二重苦でした。

まとめ

いぬやま
容姿に一目惚れして付き合ったは良いものの、重くて疎遠になり、別れたみたいな感じ
そもそも、私の複数台持ち志向とマッチしていない感じはあり、
スマホとタブレットを1台にまとめたい!という方にはぴったりなのかなとは思います。

純粋に家から出る機会がほぼなく、散歩程度だと重くて邪魔にしかならないので、自分のライフスタイルとかみ合わなかったのがつらい。

”ベッドにポイできる”くらいの重量感・経済性が確保されつつ、お外に出かける機会が増えたタイミングで再チャレンジできればいいなと感じました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる