在宅勤務にピッタリ「オカムラ オフィスチェア ビラージュ メッシュバック」購入レビュー

  • URLをコピーしました!
我が家にはソファと上に座れるタイプの収納しかなく、仕方なく収納の上に座って在宅勤務をしていました。
長時間の着座に耐えれるような代物ではなく、腰がやられてきたので、さすがにオフィスチェア「オカムラ オフィスチェア ビラージュ メッシュバック」の購入を決意しました。
安心安定のオカムラということもあり、結構いい感じだったのでレビューします。
created by Rinker
オカムラ(岡村製作所)
¥22,111 (2022/11/28 16:26:54時点 Amazon調べ-詳細)
目次

外観

パッケージ
比較的コンパクトなパッケージ。重量はあります。

ねじは背もたれと座面の固定の3つのみ。キャスターとガスシリンダーと座面は差し込んで固定するタイプ。

メッシュなので、向こう側が透けています。通気性を考えるとこれからの時期によさそうですね。

脚の部分
中央部分に傷がありました…(座っていると見えないのでヨシ!)。この価格帯でここが金属なのは結構頑張っている気がします。

座り心地

メッシュバックの図
メッシュの背もたれ。

メッシュ張りの背もたれのおかげで、かなり良い座り心地

購入当初は、通気性よさそうくらいにしか思っていなかったのですが、ここが一番良かったです。
寄りかかると背中が気持ち良いので、猫背になりにくい気がします。
自然によい姿勢が保てるので、思わぬ効果でした。

掃除がちょっと面倒というレビューもあるので、その辺りは今後もチェックしていきたいと思います。
座面部分
座面部分もなかなかにフカフカ。なおかつ、胡坐を組めるくらいには広いです。

適度な摩擦でずり下がるといったことはなし

クッション性は十分で、数時間座っていても腰への負担を感じませんでした。
ファブリック製なので、毛玉など気にならなくはないのですが、経年での変化も見ていきたいところ。

また、キャスターも引っ掛かりもなく、特に気になるところはありませんでした。

メッシュ張りの背もたれと広く、クッション性のある座面が良い

created by Rinker
オカムラ(岡村製作所)
¥22,111 (2022/11/28 16:26:54時点 Amazon調べ-詳細)

気になるところ

実際に近い色合い
ほかの写真では明るめに写っていますが、実際は濃いめのオレンジ

アフターコロナを考えると、部屋のインテリアにあったカラバリがほしい

カラーバリエーションは以下なのですが、
  • ブラック
  • グレー
  • ブルー
  • グリーン
  • オレンジ
グリーンがなかなかにポップすぎるな色で、ブルーやブラックはオフィス感が出すぎということもあり、オレンジにしました。そして、グレーはちょっと高い…

オレンジで満足はしているのですが、やはりポップで明るいなぁという印象はぬぐえません。
オリーブ色やブラウンなど、もう少しインテリアに合わせやすいと良いなぁといった願望です。

色がポップすぎる

まとめ

ロゴの図
ヴィラージュ良い。

もはや、色くらいしかケチをつけるところがない

非常に満足しております。主に腰が。
一時期は腰がつらすぎて、横になりがちだったのですが、おかげさまでかなり改善されてきました。
オフィスチェアの有能さを実感しつつも、本製品のコスパの良さには脱帽です。

本格的なリクライニング機能などはないのですが、値段を考えると十分だと思います。
1万円前後からチェア自体は購入可能ですが、長時間座ることや身体への負担を考慮すると、ある程度のグレードのものは必須です。
その中でも、本製品「オカムラ オフィスチェア ビラージュ メッシュバック」は、困ったらこれを買っておけば間違いないと言い切ってしまっても差し支えないレベルだと思います。
長期化する自宅でのテレワークで、椅子問題を抱えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
created by Rinker
オカムラ(岡村製作所)
¥22,111 (2022/11/28 16:26:54時点 Amazon調べ-詳細)

オカムラ オフィスチェア ビラージュ メッシュバック
おすすめポイント
座面が大きめでゆったり座ることもでき、メッシュ張りの背もたれは背中をやさしく覆うような快適な座り心地
筐体デザイン
80
座り心地
85
静粛性
80
機能性
60
価格
80
いいところ
メッシュ張りの背もたれが快適
座面にクッション感が最適
2万円弱で購入可能
イマイチなところ
カラバリに偏り
脚の部分に傷
77

おすすめ度

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次