完全ワイヤレスイヤホンの一つの完成形「NUARL N6 Pro」詳細レビュー

購入から1ヶ月ほど経ちましたので、「NUARL N6 Pro」の詳細レビューをお送りします。

目次

音質

ファーストインプレッションからほぼ変化なし。

高音域の臨場感と繊細な表現が魅力的。

相変わらず、低音や低音寄りの中音域の主張は控えめですが、高音域特化型としてのバランスを考えると十分ではないかと思います。

近い価格帯かつ同じく物理スイッチ搭載の「audio-technica ATH-ANC300TW」と比較して、アクティブノイズキャンセリングが不要なのであれば、音質面や電池持ちの面でこちらをおすすめします。

本機の音を聞いてから、「audio-technica ATH-ANC300TW」の音を聞くと、音場の狭さが気になってしまいます。
あちらには、屋内環境において最強クラスのノイズキャンセリングがあるので、一概にどちらがベターかとは言えませんが…


装着性

イヤーループが良い仕事をしてくれる

イヤーループの図
筐体上部のイヤーループが技アリで快適。
本機の形状としては、「SONY WF-1000XM3」を小型化したような形状で、重心が外寄りになります。

何もしないと、だんだん緩んでいってしまうのですが、イヤーループでそれを防いでくれるので、安定した装着感と軽い付け心地を維持することができます。無理して大きいサイズのイヤーピースで留めておく必要がないので。

強いて指摘するなら、イヤーループをどのようにつければ良いかがわからないので、その辺りをフォローしてもらうと良いのかもしれません。

イヤーループのつけかた教えて

専用アプリはなし

専用アプリはありません。

一般的なアプリ上でのイコライザ設定などはないので、端末の音質設定に依存する形になります。

個人的にはBluetooth接続でも反映されるイコライザが設定可能な機種を使用しているため、あまり気にならないのですが、設定不可な端末やiPhoneユーザーの方は注意が必要です。

アプリでのアップデートがないため、アップデートが必要な場合はサポートへ送付必要があるとのこと。
アプリがない分、開発費が浮くので売価が安いと思われるので、トレードオフといった感じでしょうか。

現状、動作は非常に安定しているので、買いだと思います。

使い勝手

物理スイッチは神。

早く、静電タッチ式滅んで欲しい…というのが本音。

単体での電源ON/OFFが可能で、単体での電池持ちの良さや電源OFF中の電力消費が少なさで、ケースの出番がほぼないです。

連続再生時間が8H以上確保されているので、なかなか電池が減りませんし、親機が電源ON/OFFのたびに入れ替わるので、電池の片減りが抑制され、長く使うことができます。

完全ワイヤレスイヤホン[TWS]の完成形ではないでしょうか?

まとめ

やはり、ベタ褒めになってしまいました。

ANC不要なら、ベストバイでしょう。

値段も1万円代後半と有名ブランドのものより、ワンランク安いものの、音質は3万円クラスに匹敵する実力だと思います。
ノイズキャンセリング搭載のN10に期待が持てる出来栄えです。

電池持ちと付け心地の良さから、ヘッドセットとしても活用しています。

ぜひ、お手にとってみてはいかがでしょうか?

NUARL N6 Pro
お気に入りポイント
物理スイッチ搭載×高音質×スタミナの完全ワイヤレスイヤホンの完成形
高音域の表現
95
中音域の表現
85
低音域の表現
70
装着性
90
操作性
85
価格
85
イイところ
物理スイッチ搭載
電池持ち
イヤーループによる付け心地の良さ
イマイチなところ
単体アップデート不可
アプリイコライザ使用不可
イヤーループの使い方に戸惑う
85

関連エントリ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる