スノーピークデビュー。デスクにマッチする鬼質感のランタンスタンド「snow peak テーブルトップアーキテクト ランタンハンガー」を購入してみました。

  • URLをコピーしました!
長らくテーブル用のランタンスタンドを探し求めていたのですが、ついに購入しました。snow peak テーブルトップアーキテクト ランタンハンガーを。

今まで、ゼインアーツのオズハンガーを無理やりデスクにつけたりなどしていましたが、もうその必要はなくなりました!(そんな人いない)
テーブルトップアーキテクトのクランプの構造や使用感についてお届けできればと思います。

snow peak テーブルトップアーキテクト ランタンハンガーのポイント
  • テーブルに取り付ける卓上のランタンスタンド
  • 500gまでのランタンに対応
  • 別売りクランプ(テーブルトップアーキテクトクランプ)が1点必要
いぬやま’s インプレッション
  • KZM ギルバートランタンとの組み合わせが抜群
  • クランプの質感の高さがお気に入り
  • キャンプのみならず、ワークデスクとの相性も良い
  • ランタンの吊り下げ部分のステンレスの質感がシャフト部分と異なるのが気になる
  • テーブル用のランタンスタンドは選択肢が少ないものの、高価
  • クランプが特に品薄になっており、セットで手に入る機会がほぼ皆無
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,570 (2023/01/30 19:08:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥7,100 (2023/01/30 19:08:32時点 Amazon調べ-詳細)
目次

テーブルトップアーキテクト ランタンハンガー

ランタンスタンドとクランプ1つで成り立つ
スノーピークのテーブルトップアーキテクトシリーズのコンセプトとしては、共通のクランプパーツにアクセサリーを追加して、キャンプテーブルへのレイアウトを実現できるものになっています。
今回のランタンスタンド以外にも、フレームハンガーやメッシュトレイ、ウインドスクリーンなど様々なものがラインナップされています。

今回購入したのは、ランタンスタンドとクランプ1個。
クランプが共通パーツかつ別売りで、超絶品薄状態なのですが、ようやく入手できました。

クランプの質感と組み換え

いぬやま
初スノーピーク製品でしたが、質感に圧倒
共通パーツのクランプ
クランプはステンレス製でテーブル接地面にゴムパーツという構成。
310gもあるので、かなりずっしりと来ます。
3パーツに分解
円筒状のパーツは取り外し可能で、長短を入れ替えることができます。
この機構により、1~35mmまでの厚さの板に対応可能とのこと。
円筒パーツは更に分解可能
円筒パーツはねじ式になっており、長短をひっくり返したあと、ネジを緩めて反対側から締め直すと、ゴムパーツも上下を入れ替える事ができるという寸法です。これは賢い。

機構にも驚きましたが、質感や加工精度の高さにびっくり。
スノーピークにハマる人の気持ちがわかった瞬間でした。

ランタンスタンド

いぬやま
お店にあったサンプルとちょっと違う?
お店のサンプル品だと、ランタンのフック部分もステンレスの光沢な質感だったのですが、仕様変更ですかね…
ここだけザラッとした質感になっていて、ちょっと残念です。
シャフト部分
クランプにはネジで固定するので、締付け用のナットがありますね。
こちらも質感は上々
30cmの延長シャフトも付属
30cmの延長用のシャフトも付属。
手頃なサイズ感なのが良いですね。

ただの延長棒ではなく、加飾が施されていて質感は良好。

使用感

いぬやま
お試しで無印良品の壁につけられる家具棚にセット
ミニマルな装い
一般的なクランプと構造が異なるおかげで、野暮ったさは感じません。
むしろ、円形基調なのとステンレスの質感によりスタイリッシュに見えます。
サイドから
スノーピークのロゴがキラリと。
ネジが見えないデザインなのが良いですね。

ロゴの部分は板状になっていて切り立っているので、クランプをずらしたときに、天板に接触して傷が付きそうだなという印象です。お気に入りの天板につける際は注意ですね。
下からアングル
かなりスタイリッシュですよね。
インテリアの一部として常用しても、全く遜色ないデザインだと思います。

KZM ギルバートランタンとの組み合わせ

いぬやま
お気に入りのおしゃれランタンをセット
ベアボーンズのレイルロードランタンは、重量と大きさ的に設置できなかったのですが、KZMのギルバートランタンはピッタリでした。掛けてなんぼのデザインだったので、この組み合わせはとても気に入っています。

ギルバートランタンについては以下で詳しく書いていますので、気になった方はぜひ。
延長シャフトを利用
延長シャフトを使うとこんな感じ。
特にぐらつきもなく、使用感は良好
クランク部分の質感はやっぱり気になる…
フックの部分は幅がそんなに広いわけではないので、ものによっては引っ掛けられないパターンもあるかもしれません。
ギルバートランタンは細めのD環なので、ばっちりでした。

デスク

デスクにも装備してみる
広角なので、ちょっと曲がって見えますが。
35mmまでの板に対応するので、一般的なデスクにも取り付けられます。

トータルで1万円弱のランタンスタンドですが、インテリアとしても活躍するので、デスクにも力を入れている方にもおすすめできます。

まとめ

いぬやま
長らくデスク用のランタンスタンドを探していたので大満足
テーブル用のランタンスタンドは、一般的なクランプに棒が生えたものがほとんどで、どれも同じようなものばかりでなかなかおしゃれなものはなかったのですが、ついに登場しましたね。

値上がり前の特需で、現時点では入手が難しい状態ですが、おしゃれランタン使いのかたなら、おしゃれランタンスタンドも求めているはずなので、そういった方におすすめできるかなと思います。
特に、ゼインアーツのオズハンガーなどをお持ちの方は、テーブル用のスタンドも待ち望んでいたはず…

楽天などで再入荷通知をONにしておけば、結構かんたんに購入できたりするので、ほしい方に行き届けば良いなと思っています。
テーブル用のおしゃれランタンスタンド、いかがでしょうか?
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥5,570 (2023/01/30 19:08:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥7,100 (2023/01/30 19:08:32時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次