iPhone11 Proと同サイズの超変形シングルバーナー「SOTO[ソト] Gバーナー ST-320」購入レビュー

アウトドアにハマりつつあるものの、個人では火を扱うアイテムを持っていなかったので、SOTOブランドで揃えてみることに。その第一弾として、カセットボンベで使える超コンパクトなバーナーを購入してみました。


created by Rinker
ソト(SOTO)
¥7,480 (2020/10/21 20:16:47時点 Amazon調べ-詳細)
目次

パッケージ・外観

パッケージの時点で、え?小さくない?となるレベル。
Amazonで購入しましたが、納期1ヶ月半と言いつつ、3~4日ほどで届きました。(入荷日との兼ね合い?)

いつもの段ボールではなく、エアキャップの袋での包装だったので、軽くビビりました。

まるで、スピーカーやラジオのような佇まい。
金属の質感がたまりませんな。

背面にはロゴはなし。

大きさの比較用に、Apple iPhone11 Proを。
厚みは段違いですが、サイズの雰囲気がなんとなくにているような…

スッ…
フットプリントがほぼ同等です。これは持ち運びに便利ですね。

バーナーモードへの変形

パカっと開きつつ、スタンド部分を展開。

ちなみに、パカパカの部分に関しては特に留め具などはありません。
その代わりにケースが付属し、基本的にはその中に入れて持ち運ぶのが基本運用になります。

バーナーユニットを外すとこんな感じ。

遮熱板がバーナー火口のカバーも兼ねているので、よく考えられているなと思います。

ドッキングして、補助ゴトクを載せて完成。

補助ゴトクは本体には収納できず、ケースに収納する形。
板バネのロック機構があるので、簡単には外れません。

超変形に惚れました。

ガスボンベをつけてあげるとこんな感じ。
結構長いです。

カセットボンベは一般的なものも使用できましたので、調達のしやすさはピカイチです。

使用感

火力が一点に集中するので、大鍋は不向き

特に取説等を読んでも、具体的に何cm以上の鍋はNGとは書かれていませんが、実質遮熱板までの大きさが限界になるかと思います。鍋の大きさとしては、直径16cmくらいまでが適正かな?といった感じです。

火口部分も見ての通り、中央部分に火力が集中するタイプですので、大きいものは想定していない模様です。
登山など、携帯性重視なので、コンセプトに沿った形でしょうか。

ケースが風防もかねており、ある程度火力を上げていれば、多少の風なら平気でした。(火力の調整がシビアですが…)
着火しにくいというレビューもありましたが、さほど気になることはなかったです。

まとめ

ガジェオタもニッコリなシンプルなバーナー

カセットボンベが使用可能なので、どこでも購入でき、経済的なのも特徴です。
基本的にはグループキャンプが主体で、個別での調理が目的なので、スペックも大満足です。

SOTOブランドは、バーナーを主業としている新富士バーナーという会社が運営しているということもあり、品質やサポート体制に安心感が持てて、個人的に好感度が爆上がり状態です。

バーナーと言えども、こだわりを出したいという方にお勧めです。
created by Rinker
ソト(SOTO)
¥7,480 (2020/10/21 20:16:47時点 Amazon調べ-詳細)

SOTO[ソト] Gバーナー ST-320
おすすめポイント
超コンパクトになる。超かっこいい。
筐体デザイン
100
携帯性
90
実用性
80
汎用性
100
価格
70
いいところ
とにかくコンパクト
一般的なカセットボンベが使える
質感・デザインが秀逸
メーカーの安心感
イマイチなところ
大きな鍋には向かない
在庫が少ないせいか、プレミア価格での出品がたまにある
火力調整がシビア
88

おすすめ度

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる