ちとお値段高めだが取り回しの良さが最高「Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック」購入レビュー

Apple Watchの純正充電器の使い勝手が悪すぎるので、USB Type-C直挿しタイプのSatechi製充電器を購入してみました。
そこそこ高いのですが、結構よかったのでレビューをお届けします。

目次

購入理由

Apple Watchの純正ケーブルの取り回しが最悪

これにつきます。
ケーブル自体がそこそこ硬めなので、捻じれていたりすると傾いたり、浮いたりすることがあります。
コネクタ部分がずれて、充電できていなかったりという事故が起きがちでした。
また、無駄にケーブルが長く、旅行などで持ち運ぶときに邪魔だなぁと思うことが多々ありました。

ケーブルレスの直挿しタイプを探してたところ、こちらにたどり着きました。
Appleガジェット系の多くのブログで紹介されており、良さそうだったので購入してみました。

外観

パッケージ
シンプル目な箱。
パッケージ裏面
説明書きがあります。”Made for AppleWATCH”の認証も。
パッケージの3分の1程度しか使っていないこの感じ。中身はこれだけです。
本体
そしてこれが本体、結構軽いです。
白い部分はプラスチックでその周囲はアルミで囲まれています。
裏面には各種認証情報と、メーカーロゴがあります。
こちらの面は樹脂製のようです。

使用感

汎用性は高い!

モバイルバッテリーへの直挿し
Type-Cの端子へ直に挿すことができるため、スタイリッシュに充電可能です。
ただし、他の端子を覆ってしまうこともあるので、常設には向かなさそうです。

iPad Proからの給電
USB Type-C端子を有するiPad Proならこんな感じで充電することも可能。
Amazonの写真ではパススルー出来そうなType-C端子(メス)が映っていますが、実製品はLEDしかありません。

磁力も純正と同等かちょっと強めなので、こんなこともいけます。

Type-C端子さえあればだいたい充電可能(Android端末も含む)なので、いざというときにも便利

気になるところ

端子部分の遊びのせいか、少し下に傾く

多少は遊びがないと衝撃が加わった際に簡単にもげてしまいます。
塩梅が難しいところだと思うのですが、少し気になりますね。

端子の遊びでたわむ

アルミ部分の面取りがない

Amazonでのレビューにもあるのですが、アルミ筐体部分の面取りがありません。
他のガジェットなどに傷がついてしまう可能性があります。
自分で磨くか気を付けるしかなさそうです。

アルミ筐体の仕上げが甘い

まとめ

総じて便利なものの、やや強気な価格設定

純正ケーブルが3500円程度で購入可能なことを考慮すると、4500円前後の本製品は強気の価格設定となります。
とはいえ、Type-Cで直挿しタイプの充電器はあまり見かけないということもあり、買うとするとこれ一択な状態です。

旅行への携帯や純正ケーブルの使い勝手の悪さにうんざりしてしまった方にはお勧めできますので、検討してみてはいかがでしょうか。

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック
おすすめポイント
不安定要素となるケーブルがなく、表裏の区別のないType-C端子の汎用性を享受
筐体デザイン
80
質感
70
機能性
100
価格
40
いいところ
純正ケーブルにはない取り回しの良さ
サイズ感もコンパクト
イマイチなところ
面取りがないなど仕上げが甘い
端子部分が若干たわむ
値段が高め
73

おすすめ度

BUYNOW
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる