【長野 須坂】「REWILD ZEKKEI GLAMPING RESORT」へ行ってきました。

2021年の5月1日にオープンした「REWILD ZEKKEI GLAMPING RESORT」へ行ってきました。
設備や所感などをお伝えできればと思います。

要約すると?

  • 絶景を謳っているだけあって、景色はきれい
  • オープン直後ということもあり、運営面ではこなれていない感が否めない
  • 天候次第では、猛吹雪のような状況となり、冬装備で臨むのがおすすめ
目次

公式サイト

REWILD ZEKKEI GLAMPING RESORT|絶景!雲海が広がる天空キャンプ場|長野・菅平 峰の原高原

場所

いぬやま
普通にスキー場でした。
かなり下ったところにセブンイレブンがある程度なので、スーパーなどでの食材の調達には、市街地に出る必要があります。
連泊は少ししんどそうです。
基本的にはスキー場の一角なので、道に迷うことはないかと思います。

景観

いぬやま
天気が良ければ、景色は良い
長野市を望むことができ、その先に北アルプスの山々を眺めることができます。
標高1600mあり、平地と比べると気温差があります。
オープン当初のタイミングでは、普通に風が冷たく寒かったです。

天候や風向きが刻々と変化するので、冬装備で臨むのが良いと思います。
晴れた時の眺め。
基本的に、景色が良いところほど管理棟から遠くなってしまいます。
上の写真の早朝はこんな感じ。
テントのフレームは凍っており、樹氷を見ることができました。
天候次第でかなり表情が異なります。(というか、風強すぎてトラウマになりかけました….)

設備

いぬやま
オープンしたてということもあり、設備はきれい
炊事場はお湯も出て、ウォシュレットも完備されていますが、全体的に数が足りていないため混雑しがちでした。
炊事場には屋根がなく、雨天時にはかなりしんどい印象です。

車両が乗り入れできない代わりに、カートを貸し出していますが、こちらも数が足りておらず、運営側に回収されてしまうといったこともありました。
かなり傾斜もあるので、貸出カートの確保は優先的に行った方が良いかと思います。

ゴミは有料ですが、申告すると袋がもらえ、それを使うことで捨てることができます。
管理棟から離れた、駐車場付近のコンテナがゴミステーションとなっており、若干煩雑でした。
※持ち帰るのであれば無料

シャワーは300円で15分使用可能。
ドライヤーがなかったり、鍵が簡易的だったりと実用面で粗が目立ちました。

治安

いぬやま
オープン直後なせいか、まだ運営側の方針が定まっていない感じ
夜中騒いだりといった極端な例はありませんでしたが、フリーサイトなので、若干トラブルになりそうなテントの張り方をしていた方は見受けられました。

初心者も多く見受けられ、GWでのキャンプデビューといった方も多かったようです。
スタッフが親身に手伝っているのは良いものの、通路っぽいところに立てていたため、運営方針がまだ定まっていないように感じられました。

スタッフが頻度高めに見回りをしていたのは印象が良く、テント主不在で強風で倒壊しそうなタープなどを安全に処理していたのは、良かったと思います。
とはいえ、オープン直後でスタッフ数が潤沢だっただけという可能性もあるので、そのあたりは今後どうなるか気になるところではあります。

まとめ

いぬやま
真夏でも涼しそうでよい
フリーサイトというのが良い方向にも悪い方向にも振れそうなのが、気になるところではありますが、景色の良さを押しているだけあって、良いところだったと思います。

天候次第で、トラウマになりかける…ということもあるかもしれませんが、装備を万全に、ペグも多めに持っていくといったことをしていれば、何とか乗り切れるといったところです。
1600mの標高ということもあり、真夏でも結構涼しいと思いますので、梅雨明け後に本領発揮といったところでしょうか。

治安面、オペレーション面に関しては、今後に期待かなと思います。

フリーサイトでかなり人が密集していた印象も強いので、もし、次に来ることがあれば、平日の人が少ない日を狙いたいなと思います。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる