【静岡 川根】「グリーンヴィレッジ川根」へキャンプに行ってきました

県をまたぐ移動制限が解除されたということで、ずっと保留になっていたキャンプ活動を再開しました。
再開後の一発目(キャンプ2回目)は静岡県島田市にある「グリーンヴィレッジ川根」です。
キャンプ場レビューをお届けします。
目次

公式サイト

グリーンヴィレッジ川根

場所

新東名の島田金谷ICを降り、そのまま北上。
川を渡って南下するルートで向かいました。

川を渡った後、休憩がてら入った道の駅「道の駅 川根温泉」にて、同行者とばったり遭遇。
ソフトクリームの図
道の駅にて。
お茶処ということもあり、抹茶ソフトクリーム推し。美味しくいただきました。
合流して幹線道路の左手に見えるはずの、本キャンプ場を目指して南下しました。
左手に見えるはずの、キャンプ場を目指すも見つからず。

「「「え、どこどこ??」」」

地図上では、とっくに通り過ぎていました。(コメリが見えたら終わり。通り過ぎています。)
転回して、逆方向からチャレンジすると、あっさり見つかりました。
入り口の道の形としては側道のようになっており、下り坂のせいもあってか、南下ルートを辿るとほぼ見えません。

一足先に到着していた、同行者も最初わからなかったとのことで、入り口がわかりにくいので注意しましょう。
側道のようになっているので、左折で一発で入るのはほぼ不可能だと思います。
やはり、一旦通り過ぎて転回してから入るのが無難ですね。

景観

道路と川に挟まれた土地ですが、木に囲まれており、隔離されている感に満ちていました。

川のせせらぎが聴こえ、なかなか良いところでした。

インプレッション

場内には、プールやドッグランが併設され、キッズやドッグ、若パパたちがはしゃいでいました。
ここ3年くらい前にオープンしたキャンプ場とのことで、年齢層としては比較的若めな印象でした。

サイトは動かせるタイプの柵で仕切られており、人数や車の台数でフレキシブルに変更されているようです。
当初、隣に来るとのことでスペースが空けられていましたが、「夕方ごろに、ここ来ないから広く使ってね」と広くなりました。
一番のやつの図
ビア。
管理人さんは自由な感じで人当たりがよく、印象がよかったです。
(前回、叱られ案件が結構あったので…)

22時消灯とのことでしたが、話し声が聴こえる感じではありましたが、さほど気にならずといった感じ。
夜中見回りをしているようでもなさそうなので、騒がしいこともあるかもしれません。
カエルがよく鳴いていたので、AirPods Proが役に立ちました。

管理人さんが怖くない


コロナビールの図。
ビア2。
メキシカンな感じでタコスを食べながら。
気になったところといえば、炊事場のすぐそばに大きめのキャンプファイヤーを行う場所があります。
駐車場にも隣接しているところなので、灰が車に降っちゃうという感じになります。

キャンプサイトに駐めていても普通に降るレベルなので、諦めるしかなさそうです。

灰に注意(注意しようがない)

設備

炊事場は、キャンプ場中央に一箇所あり、ちゃんとお湯が出ます
裏側には浄水器までついています

トイレは、キャンプ場中央にあり、男性用は温水洗浄付きが1台ありますが、朝方につまりを起こしていて悲惨でした。
出来たら、2台体制にしていただきたかったところですね。

シャワーは2ブースあり、5分当たり200円で使用可能です。
シャンプーとボディーソープが備え付けてありました。

トイレのトラブルリスクがきつい

まとめ

我がグループのシェフが誇る一品。

子連れキャンパーにおすすめ

前日まで結構な雨だったので、結構心配していたのですが杞憂に終わりました。

チェックアウト後、北上し、川根本町の方へ向かいました。
この後、いろいろ見てはきましたが、今回のエントリはここまで!

設備きれい、温泉あり、北上すれば秘境ありのなかなか良いところでした。
ぜひ、足を運んでみては?

関連エントリ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる