チタンの軽さは替え難い… 「G-SHOCK GMW-B5000TCF-2JR」を購入しました

一目惚れをしてしまったG-SHOCKを購入しました。
定価税込み17万円オーバーという、そこそこのパソコンすら購入できてしまう値段でしたが、大満足。

Bluetoothを搭載しているので、アプリと連携できるのですが、まずは外観などを中心にお届けします。
要約すると?
  • 青×迷彩柄×チタンバンドという俺得なデザインで一目惚れ
  • すでに生産は終了しているとのこと
  • チタンバンドの軽さによる着け心地の良さは圧倒的
目次

外観

いぬやま
G-SHOCKの中でも、高価格帯となるためパッケージにも気合いが
大きな化粧箱を開け、緩衝材をめくるとこんな感じ。
本体のデザインと同様の、青色ベースでドットによる迷彩が表現されています。
G-SHOCKに限らず、時計の外箱デザインはメーカーやブランドで共通なことがほとんどなので、専用デザインだと良いものを買ったという実感がわきやすくて良いですね。
フィルムもはがしてご対面。
傷防止のためか、あちこちにフィルムが貼られており、はがすのが結構大変でした。

ブルーIP加工の上に、大中小の3種類のドットの濃淡で迷彩柄が表現されています。
チタン素材な上に、表面加工のコストも相まって、そりゃ高くなりますわ。
青が奇麗。本当に奇麗。

CASIOの人、絶対青好きなオタクいるでしょ。
ケース、バント共に側面はドットがないので、ただの青い時計といった感じ。
ボタン部分はガンメタリックですね。
バックル部分まできっちり、迷彩柄。
バックルの内部まで、ブルーIP加工が施されており、見えないところまできっちりしているなという印象。
バックルの裏側には、”BASE TITANIUM”の刻印が。
チタンはステンレスよりも60%程軽いので、軽い着け心地が特徴です。
グラム単価は10倍以上高いので、その分価格が高くなってしまうのが難点…
金属製のバンドで青いものは、G-SHOCKのラインナップ上でもこれだけなので、かなり新鮮ですね。
スペシャルなモデルに相応しいです。値段もスペシャルでしたが。

装着の図

いぬやま
青色の美しさがたまらん
Amazonで購入したので、バンドは未調整。

時計を取り扱っている家電量販店では1000円以下でバンド調整をしてもらえます。
ちなみに、ビックカメラでは550円でした。

まとめ

いぬやま
もはや運命の出会い
ステンレスのずっしり感が良いという方もいますが、重いと着けるのが億劫になってくるので、チタンバンドで好きなデザインものが出てきてくれてよかったです。

安価なステンレスモデル(重量1.5倍)やケースだけメタルのモデルなどもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる