完全ワイヤレスイヤホン「B&O Beoplay E8 3rd Generation」 開封の儀

前々から気になっていた完全ワイヤレスイヤホン 「B&O Beoplay E8 3rd Gen.」を自腹購入してみました。
新色となるGray Mistです。
今回はファーストインプレッションをお届けします。
外箱。可もなく不可もない標準的なデザインです。
目次

購入理由

EARIN m-2の度重なる延期の最中、NFMI対応イヤホンとして初代E8が発表された時から興味があったのですが、予算的な理由で断念。
今回、第3世代の新型が出ると言うことで、購入してみました。

スペック

ブランドBang & Olufsen
品名Beoplay E8 3rd Gen
カラバリブラック、グレー
通信規格Bluetooth 5.1
対応コーデックSBC, AAC, AptX
重量5.8g(左右)
単体最大再生時間7H
トータル最大再生時間35H
左右間の同期方式プライマリ(右側)に転送後、左右間同期
充電方式USB Type-C, Qi
発売日2020年2月27日
価格¥38000
左右間の同期方式の仕様上、左側のみの単体利用は不可となります。

いざ開封

完全ワイヤレスイヤホンの価格帯としてはトップクラスとなるため、流石に高級感にあふれています。
箱の面積の割に占める面積の少なさから感じる高級さ
下のウレタンフォーム部を取り外すと、USB Type-Cケーブルとイヤーピースが収納されています。
非接触給電のQiに対応していますが、充電器は別売です。
イヤーピースはシリコンのものが4種類、フィルター付きコンプライのものが1種類附属します。
充電ケースの外装はシュリンクレザー
充電器を開くと、高級感のあるアルミプレートが目を引きます。
手前の赤い丸状の部分がLEDとなっており、状態を示すものとなります。
イヤホンをケースに戻す際も、磁石でのカチッと収まる感触がとても心地よく、ケースへのこだわりを感じます。
裏側にLEDを配置
イヤホンの裏側にもLEDが配置され、状態がわかるようになっています。
耳への挿入検知を行う近接センサーはないようです。

ファーストインプレッション

第3世代となり小型化されたとのことですが、耳の圧迫感は強めです。
直営店または量販店での試着をお勧めします。
(直営店の雰囲気が重く、気軽に販売員に声を掛けづらいので、量販店をお勧めします。)
耳への挿入負荷は意外と高め。
音質としては、あれ?と思うほどのドライさ。
高音が刺さりに刺さるため、正直この値段でこの音は無いかもと思いつつ、一旦落ち着いて30分ほど軽くエージングを行いました。
エージングにより、当初のドライさは薄れ、全体的な量感は増しました。
低音域にはあまり期待できそうに無い感じですが、もう少しエージングがてら聴き続けようと思います。

まとめ

Qi対応や高級感に溢れており、ガジェットとしてみると結構面白い部類ですが、高級イヤホンとしてみるとイマイチな点が見受けられます。
イヤホンのサイズとしてはそこそこあるため、試聴をぜひお勧めいたします。 今後の音の変化を楽しみにしつつ、次回に音質や全体的な使い勝手に関する詳細なレビューができればと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる