【2020年上半期】シチュエーション別 おすすめノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン

ノイズキャンセリングの性能は、機種によって得意なシチュエーションが異なります。
付属イヤーピースを使って、電車の車内、宅内、オフィス、屋外(幹線道路沿い)、屋外(住宅街)のシチュエーションでの使用感をお届けします。
目次

ノイズキャンセリングの性能比較

注意事項

現時点(2020年7月末)でのファームウェアでの確認となります。
今後のアップデートにより、多少差異が発生する可能性があるので、ご了承ください。

基本的には、NCオフとNCオンの状態で比べ、どれくらいノイズが低減されているかを感覚で順序づけしています。
イヤーピースとのマッチングの問題もあるので、あくまで参考に留めておく程度でお願いします。

各シチュエーションについて

電車の車内

主にJR中央線の車両内における、着座状態でのノイズに対する度合い。

宅内

基本的には、換気扇や空気清浄機、エアコンといった遠目にファンなどが動作した状態で、これらのノイズに対する度合い。
窓越しに、電車や大型車の走行音が入ることがあるといったイメージ。

オフィス

パソコンのファンの音や話し声、電話の呼び出し音などが周囲にある状態で、これらのノイズに対する度合い。

屋外(道路沿いの静止時)

横断歩道での信号待ちなど、自動車の走行音やその他の屋外ノイズに対する度合い

屋外(住宅街の歩行時)

おもには風切り音に対する度合い。

ノイズキャンセリングの効き目

SONY WF-1000XM3

ノイズキャンセリングの老舗のSONYから。
実はもう手放してしまっているのですが、電車や自動車の走行音に対して高い優位性を持っていました。

WI-1000Xを含む過去のノイズキャンセリングイヤホンの構造として、耳からかなり出っ張るということもあり、風切り音にはかなり弱いです。
OFF状態でも風切り音が発生するので、”風切り音キャンセリング”となる風切り音低減モードが用意されています。

ただし、従来機種に比べると、車の走行音や人の声をあえて通すようになって来ているので、一概に新しいものが良いと言えなくなってきています。
SONY WF-1000XM3
まとめ
風切り音に非常に弱く、アプリでの自動切り替えもしくは、ジェスチャー割当てによる手動切り替えが必須
電車の車内
90
宅内
70
オフィス
80
屋外(道路沿いの静止時)
70
屋外(住宅街の歩行時)
20
イイところ
アプリ連携によるノイズキャンセリングON/OFFやモードの切り替えが可能
イマイチなところ
屋外歩行時の風切り音が酷い
全体的にホワイトノイズがそこそこある
66

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥21,212 (2020/10/21 00:15:26時点 Amazon調べ-詳細)

Technics EAH-AZ70W

今期、なかなかのポテンシャルを見せつけてくれているTechnics(Panasonic)。
Panasonicブランドとして、ノイズキャンセリングのイヤホンも出していたこともあり、十分な性能を誇ります。

筐体の特徴として、風切り音に強い構造を謳っており、上記のWF-1000XM3と比較すると確かに抑えられていると実感できます。が、風切り音を完全には抑え込めてはおらず、厳しいことには変わりません。
Technics EAH-AZ70W
まとめ
風切り音に弱く、基本的にはモード切り替えにてノイズキャンセリングをOFFに
電車の車内
75
宅内
60
オフィス
70
屋外(幹線道路沿いの静止時)
60
屋外(住宅街の歩行時)
40
イイところ
モード切り替えが単体で可能
イマイチなところ
屋外歩行時の風切り音がそこそこある
ノイズキャンセリングの強度を1パターンしか保持できない
61

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥31,680 (2020/10/20 02:47:13時点 Amazon調べ-詳細)

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

異彩を放つ、アクティブノイズキャンセリング機能を持つのがこちら。
基本的に低周波の音のみを消しにいき、外からのノイズで埋もれがちな低音部分もクリアに聴こえるようになる仕組みになっています。

普通のノイズキャンセリングイヤホンとしての機能を期待すると痛い目を見ます
とは言え、電車の騒音や宅内のファンの音は結構消えるので、意外と実用的であったりします。

風切り音はキャンセリング対象に入らないためか、ノイズキャンセリングONのまま、外を歩ける珍しいイヤホンです。
車の走行音の一部はガッツリ入ってきていまいます。

他社のANCイヤホンでも低周波のみカットするモードが欲しいなと思いました。
Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2
まとめ
低周波をメインに消すので、通常のノイキャンイヤホンとは異なる使い勝手
電車の車内
60
宅内
60
オフィス
60
屋外(幹線道路沿いの静止時)
40
屋外(住宅街の歩行時)
80
イイところ
風切り音はほぼ気にならないレベル
イマイチなところ
ノイズキャンセリングは全領域では効かない
60

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥36,300 (2020/10/20 21:54:31時点 Amazon調べ-詳細)

audio-technica ATH-ANC300TW

続いてはオーテクさん。
こちらもメーカーとしてはANCのノウハウを持つ会社です。
接続中とノイズキャンセリング時のホワイトノイズがほぼ皆無で、抜きん出ています

ただし、電車↔︎屋内でノイズキャンセリングのモード切り替えが必要な点や風切り音に対しての耐性が皆無な点が残念ポイントです。
静かな環境であればあるほど、ホワイトノイズが気になってくるので、静かなインドア環境においては最強のノイズキャンセリングイヤホンとなります。

使い所を選ぶ、かなり極端なイヤホンです。
イヤーピースが平べったいタイプなので、遮音性があまり高くないのか、振動環境に弱いのかもしれません。
audio-technica ATH-ANC300TW
まとめ
ホワイトノイズがほぼ皆無な圧倒的優位性。
電車の車内
70
宅内
90
オフィス
90
屋外(幹線道路沿いの静止時)
10
屋外(住宅街の歩行時)
10
イイところ
ホワイトノイズがほぼ皆無で、静音環境下では最強
イマイチなところ
風切り音の耐性0
イヤホン単体での遮音性能が低め
アプリ経由でのキャンセリングモードの切り替えが面倒
54

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥18,800 (2020/10/20 04:29:01時点 Amazon調べ-詳細)

Apple AirPods Pro

説明不要のマストバイアイテム。
屋外での風切り音がほぼ皆無で、ランニングなんかもいけちゃいます。

Apple AirPods Pro
まとめ
圧倒的装着性、付け心地の軽さ。車の走行音を過剰に取り込むのが気になる
電車の車内
80
宅内
80
オフィス
80
屋外(幹線道路沿いの静止時)
75
屋外(住宅街の歩行時)
90
イイところ
モード選択不要で、オールマイティなキャンセリング性能
風切り音が皆無
森林などの自然環境下でも優れた性能
イマイチなところ
比較的ホワイトノイズは多め
ファームウェアによってキャンセル性能が異なることがある
車の走行音を過剰に取り込む
81

created by Rinker
Apple(アップル)
¥28,980 (2020/10/21 00:20:28時点 Amazon調べ-詳細)

屋外ランニング/お散歩なら

風切り音が少ないものがおすすめ。

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

Apple AirPods Pro

在宅/オフィスワークなら

ホワイトノイズの少ないものや電池持ちが良いもの

audio-technica ATH-ANC300TW

Technics EAH-AZ70W

電車/新幹線通勤なら

列車の走行音に強いものがおすすめ

SONY WF-1000XM3

Apple AirPods Pro

[番外編]SONY WI-1000X

飛行機でも使いたいなら、10Hの連続稼働できる、有線でも無線でも使用可能なWI-1000Xシリーズもおすすめ


まとめ

いろいろ買い漁ってみた結果、こんな感じになりました。

家電量販店での視聴では、確認しきれないところになるかと思いますので、是非参考にしていただければと思います。
イヤーピースでも、ANCの効き具合は変わってくるので、”合わないかも…”と思っても調整の余地があるので、試してみるのも良さそうです。
BOSEやSamsungのノイズキャンセリング搭載の新型や先日発表されたNUARLのN10など、今後もリリースされるので、チェックしていきたいと思います。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

車とガジェットとプログラミングが好き。
組込みシステムエンジニアなので、書くことがないのがつらい。
最近は完全ワイヤレスイヤホンを買いあさっています。

目次
閉じる